So-net無料ブログ作成

脱アンチエイジング・小泉今日子VS美の商人 [美容整形・美容ダイエット]

「アンチエイジング大嫌い・小泉今日子さんらに共感の輪」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160927-00000033-mai-sociより一部転載。

【アンチエイジングを強いる社会的な空気の裏返し】
【女性の価値は賞味期限付き。若さがなくなると女の値打ちが減るとみんな思い込んでいたからじゃないですか。日本の男が女にそう思わせてきたのだけど】
【88歳現役モデル「ありのまま」】

おお、こういう人が増えてくれれば、若さ至上主義に劣等感を抱えずに生きていける女性たちが多くなるかも。

もちろん現実は・・・
ありのままの姿の中学生の容姿を醜いとして「(見ていて)辛い」と吐いた社会学者・古市氏のような「一番大事なのは外見」と思う男性は多く、ならば若いほうがいいに決まっているだろう。

本音は20代が理想、30代ぎりぎり、40代以上は無価値と考える人は多い。10代の少女も大好きだし、そう簡単にはこの世間の価値観は変わらない。

「歳を重ねた美しさ」とやらは、結局はきれいごとかもしれないが・・・
世間の空気が少しでも変わるといいね。

オタク蔑視・嫌悪だって今もなお健在だけど、ひと昔に較べたら、だいぶ変わった。

子どもはいらないとハッキリ言った山口智子といい、今回の小泉今日子といい、アラフィフ女性はやっぱ元気だな。
世間の価値観に惑わされず、堂々と自分の主義を貫くカッコイイ人が増えた気がする。

んが、世の中、強い人ばかりではない。
で、山口智子も小泉今日子も特別な人であることも事実。
世間の価値観にのっとる勝ち負けで言えば、当然勝ち組に入ってしまう。
自分に自信を持っているだろう。

なので、さほど自信が持てず強くない人はどうしたらええんじゃろうか~、というのがワシの小説のテーマである。
いや、答えは「逃げろ」なのじゃが・・・これもなかなか難しい。

逃げようと殻に閉じこもっても、世間の価値観は浸食してくるのだから。

まあ、多くの女性が持つ劣等感は、容姿=美と若さ関係だろう。

どんなに優秀で仕事ができても、もし、その人の容姿が劣っていたら、世間は陰であざ笑う。
この世間の底意地悪さに立ち向かえる強さを持つ人などごくわずかだ。

かつて、アマチュアのピアノサークルに所属していたことがある。
そこで某有名な国際コンクールで優勝した日本女性のピアニストの話が出たのだが、容姿を哂っていたっけ。ピアノの実力よりも、まず外見なのだ。これが現実だ。

しかし、ワシが通っていた音高音大の世界ではそういうことはなかった気がする。
「実力あるけど容姿が悪い人」を哂うことは、まずない。

なぜか・・・
だってさ、自分に実力ないのに、自分より実力が上の者を、外見が悪いから哂うって、カッコ悪いもの。
それこそが「負け犬の遠吠え」になってしまう。だからだろう。
専門の世界だと、そうなる。

ちなみに、そのピアニストは今は海外で暮らし、活動拠点を海外に置いている。
日本じゃ真っ先に容姿を問われるから、日本を捨てたのかもしれない。
容姿が悪いと日本じゃ食えないし。

自分に合わない世界から脱出する。捨てることができる。そんな力があるといいよね。
けれど、それもごくごく一握りの優秀な人にしかできない。

弱い者が劣等感から脱するにはどうしたらいいのか、そんなことを考えてしまった。


・・・・・・・・・・
追記。

小泉今日子の「アンチエイジング大嫌い」の記事を紹介したけれど・・・
あらら~さっそくこんな茶々を入れている記事が出てるね^^;

『小泉今日子の「アンチエイジング大嫌い」をマネしちゃ危険!オバサンまっしぐらのイタイ目に』
http://joshi-spa.jp/594421/2

「ありのままは醜い。ありのままが許されるのは本当の美人だけ」ということで、「ありのまま=素顔」の姿の中学生を揶揄した社会学者・古市憲寿氏のような人が、たくさんいるんだよな^^;

うまく商売するには、とにかく劣等感をくすぐること。
だから、これだけダイエット関連商品や化粧品・美容品、本の類が売れる。講演会で食っている人もいるだろう。

そーいや、美容や恋愛結婚関連のサイト記事って星の数ほどあるよな。
(ワシのような弱小ブログは何を売りにしていけばええんじゃろうか・・・と思ってしまう。そう、サイト記事一つとっても、選ばれる=人様の興味を引くって大変なことじゃ)

ありのままでいい、というのは、それら美容関係の商売人にとって、とっても困る。
お高い美容液やら化粧品やら、洋服など身に着けるもの、ダイエット食品や関連本を売り、講演会などでお金儲けができなくなるからな。

「美しくなる努力をしよう」と煽り、「それをしない者は怠け者」「ブスは嫌われる」とマイナスイメージにもっていき、不美人の劣等感を刺激して、商売繁盛。
モノが売れない時代だが、美容関連だけは別じゃ。デフレと言われているけど、美容関係だけはバカ高くても売れる。

ちなみに、ワシ個人はこう思っておる。

肌を守りたきゃ、紫外線をできるだけ浴びないように。それだけでいい。

美容液は安い乳液で十分。
乾燥は大敵じゃ。保湿だけ気をつければいい。
(しかし湿度の高い日本ではさほど気にすることはない。冬場だけ注意じゃ)

顔のマッサージなどとんでもないことじゃ。シミの原因になる。
従って、顔に美容液を塗り込むことも厳禁じゃ。顔の肌はうすく、敏感だから。

よって化粧もサッサとすませるほうが、お肌のため。
時間をかけているということは、それだけ肌に刺激を与えている=傷めているということになるから。

体を締め付ける服は着てはいかん。便秘のもと。
便秘こそ美の、そして健康の大敵でもある。

靴も足の締め付けはいかん。幅広でいい。
ワシは、スニーカー大好き。歩きやすさ重視。
高いヒールは・・・曲芸しているんじゃないんだからさ、あれも健康に悪そう。不自然だもん。

肌に直に触れる場合の服は基本、木綿100%。あるいは絹。
化繊はいかん。

美の努力、楽しけりゃいいけど、面倒だな~、ラクじゃないな~と思う人はやめたほうがいいかも。
楽しくないことをやると、脳内ホルモン分泌にも影響する。
美への努力は最低限でいい。

・・・と、怠け者のワシは健康面から思っておる。
健康第一。ラクに快適に。

辛いと、必ず健康面に出てくる。
よって、それはお肌にも現れるで。

美にかける時間とお金、ほかのもっと楽しいことに回した方がいいかも。

・・・と、もちろんこれはワシ個人の考えじゃ。
美の努力で得られるものが、さほどないからかもしれんが^^;

商売人に惑わされないように、科学的にいきたいものじゃ。

え? 肌ではなく、顔立ち=・顔の造形を美しく見せるにはどうしたらいいのかって?

化粧で盛るか、整形するしかない、というのはもっともなことじゃ。
けど、健康面から言えば良くないと思う。顔(肌)に負担をかけるから。

ま、古市憲寿氏が「合唱中学生」に言ったように、「日本人的=一重瞼、低い鼻=平面的な醜い造形のありのままの面を晒すな」ということであれば、ワシはできるだけ表には出ないようにするし、醜い遺伝子を残さないようにするってことでお許しを。

ふと思う。
「女性の価値観は美と若さにある。まずは外見・容姿という価値観」は、こうした商業主義から生まれたのかもしれない。経済を回すために、この価値観はとても大切なものなのかも。

劣等感は、お金儲けに利用されているのかもしれない。

なので、そんなものに心を悩ませるのは損かもしれない、かも。

※関連記事
「子なし選択した山口智子」http://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/2016-09-08-4
「出産前の体VS出産後の体」http://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/2016-09-15
「えげつない本音・美容整形の果てにあるもの」http://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/2016-09-28
「化粧と整形(キムヨナが整形?」http://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/2016-08-21
「韓国の整形産業・不美人は患者」http://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/2016-08-28
「合唱する中学生の容姿をバカにした某社会学者の不快な発言」http://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/2016-09-26
「ミスワールド日本代表はハーフ/世界基準では日本人はブス?」http://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/2016-09-14-1

・・・・・・・・・・
短編小説集「縁」番外編のお知らせ。

生きづらい世の中、どう折り合いをつけて生きていけばいいのか、劣等感をどう飼いならせばいいのか、これが物語の共通テーマです。

「蝉―僕のランク」http://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/2016-09-05
※あらすじ→学校で下位ランクの『僕』、最下層女子『長山春香』に何を思う。
学園もの、うむ、ちょい辛め、シリアスで重いけど救いはあるのじゃ。(5250字)

「あだ名―中秋の名月」http://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/2016-09-14-3
※あらすじ→白井月子が自分のランクを守るために犠牲にしたのは・・・
テーマはイジメ。己の容姿に劣等感を抱える月子が犯した罪とは。(6200字)

「豚草―腐女子の誇り」http://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/2016-09-19
※あらすじ→中学時代、下位ランクだった長山春香、白井月子、そしてもう一人「モヤシ」こと八島麗華の話。彼女は、長山春香を犠牲にした中学時代をどう想い、今、どうしているのか。(4450字)

「お彼岸―アラフォー女子の幸せ」http://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/2016-09-24-1
※あらすじ→恋愛や結婚を一歩引いて見ている冷静な未婚アラフォー女子が主人公。果たして彼女は勝ち組なのか負け組なのか。お彼岸のプチ知識など情報も入った軽く読める物語です。(4000字)

「血液型診断―栗の節句」http://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/2016-10-07
※あらすじ→若夫婦のほのぼのハートフルなお話。血液型のこと、重陽の節句(栗の節句)の情報ネタ入り。明るい話で軽く読めます。(3000字)

なお、短編小説「縁」本編の目次はこちらhttp://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/2016-10-28


人気ブログランキングへ
[ひらめき]よろしくお願いします。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。